ご挨拶
                       2010.02.01. 東京延友会会長 黒木重昭

東京延友会のみなさま!  それから、このページを訪れてくださった方!
日々、いかがお過ごしでしょうか?
ふるさと延岡、そして延岡高校を絆にしたこのページでこれからも交流を深めていきたい
と思いご挨拶の一文を掲載させていただきました。
このたび東京延友会の会長を務めさせていただくことになりました黒木重昭と申します。
2010年、いろいろな意味で世の中が慌ただしい時代を迎えていますが、私なりに少しでも
お役にたてるよう努めていきたいと思っております。
私は昭和37年(1962年)に延岡高校を卒業いたしました。卒業年次は14回ということになっ
ていますが、入学した昭和34年に恒富高校から延岡高校に校名が変更されましたので、
延岡高校としての一期生となるのでしょうか(?)
それはともかく、私も比較的若いころから先輩の方々に引っ張られて延友会の活動には
参加してきましたが、これまではせいぜい担当学年をまとめるということくらいしか貢献
しておりません。むしろ淡々とした関わりでこれまで過ごしてきましたので、思いがけず
前会長笠原さんのご都合により重い責を負うことになり戸惑っております。しかしながら
一旦お引き受けいたしました以上、その任を全うするように努力したいと時間とともに決意
が固まって参りました。うまく勤められますかどうか、ひとえに会員みなさまのご理解
かかっていると思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
いままで諸先輩が積み上げてきた東京延友会の礎を守り、次代へと引き継いでいくにはどの
ようなことを心がけていこうか、と考えているのですがこれといって特別の策も思い浮かび
ませんが、以下のようなことを目標にして努力して参りたいと思います。
 
 (1) 年に一度開催する延友会総会と懇親の会を、会員の方々がのびやかに交わり心楽し
     満足いただけるものにする、ということに努力したいと思います。
     「来てみて良かった!東京延友会」と思われるように。
 (2) 若手会員の発掘につとめ、次世代を担う人たちの参加増加をはかる。
 (3) 財政基盤を確保していきたい。
     賛助会費を納めていただける方を一人でも多く!
     また、会の運営にもこれまで以上の節約を旨としてつとめる。
 (4) 母校延岡高校との交流を深める。併せて、本部同窓会との連携も深める。
 
たいして代わり映えのないスローガンですが、実行可能なところに手をつけて、半歩、一歩
と進めていきたいと考えております。

会員のみなさまのご協力をよろしくお願いいたします。